役者という仕事

役者というのは、尊い仕事だと思うのです。
そして、何からでも学ぶという姿勢が半端ない。
そうですよね、だって、
いろんな人間を演じ、時代を演じ、立場を演じる可能性があるから。
いつも観察し、考え、感動している。
介護に行けば『宝石が散りばめられている!』と叫び、私が生徒指導の悩みと話すと『共通言語をたくさん作らないと』と、関係を見抜く。
ああ、そうか。
役者さんて謙虚だなぁ。
その役者の嗅覚をもう少し、私も手に入れたいと思うのです。

ヴァイオリ二ストのための演技ワークショップ、今年秋から新規開講です。
講師:齊藤しゅうや

ヴァイオリン骨体操

『ヴァイオリン骨体操』とは、桐朋学園の身体メソッドをヴァイオリンに特化したものです。古武術である木刀・書道、小関勲氏発案のヒモトレなどからもヒントを得ています。 各地で開催している講座、公開レッスン、個人レッスンのご案内をまとめています。 ヴァイオリン骨体操の指導員・入門生へは、養成講座やブラッシュアップ講座も随時開催しています。 コンタクト:dggfisg@gmail.com

0コメント

  • 1000 / 1000