切り絵と書道とローフード

演奏会を無事に終え、休息です。

まず出かけましたのは渋谷にある野菜プレートのお店。

それから、古い友人である、切り絵師・俊寛さんの個展。
ご本人の許可を得て、撮影&アップしています。
重ねて言いますが、これは切り絵です。
すごいですよね。広いレッスン室を手に入れたら、ぜひ飾りたいです。

それから、『書の流儀Ⅱ』を観に出光美術館へ。
作品をカメラで撮ることはできませんので、出光美術館のホームページよりいただきました。
『書はひとなり』という言葉があります。
筆の運びは、そのひとの行動の表れなのだそうですよ。
私もヴァイオリンのレッスンに、書道を織り交ぜることがあります。ボウイングの悪癖が一目瞭然ですから、すぐに上手くなります。

しっかり休息して、また、次へ向けて頑張ります。

ヴァイオリン骨体操

『ヴァイオリン骨体操』とは、桐朋学園の身体メソッドをヴァイオリンに特化したものです。古武術である木刀・書道、小関勲氏発案のヒモトレなどからもヒントを得ています。 各地で開催している講座、公開レッスン、個人レッスンのご案内をまとめています。 ヴァイオリン骨体操の指導員・入門生へは、養成講座やブラッシュアップ講座も随時開催しています。 コンタクト:dggfisg@gmail.com

0コメント

  • 1000 / 1000