『ヴィブラートのためにすべき8つのこと』終了

宮地楽器MJ新宿センター主催『ヴァイオリン骨体操』
年間8回を受講していただくコース。
木曜・金曜・土曜の3クラスがあります。昨日、木曜クラスは最終回でした。

調弦、響のよいボウイング、受動的に動く感覚を養ったのが前期。後期では、ゴラ著『ヴィブラート教本』(音楽之友社)を用いてヴィブラートを全て練習していきました。

ヴィブラートができない方の関門は大きく2つあります。
それは、指の第1関節と親指の問題。
ここが突破できれば、ヴィブラートは難しい技術ではありません。
親指が解決すると、音程・音質・音色・ポジションチェンジ&ヴィブラートの滑らかさ・指の速さ&軽さなど、なにもかも一気に変わります。
講座内容詳細は、宮地楽器ホームページをご覧ください。
当サイト『宮地楽器』欄からお入りください。

宮地楽器MJ新宿センター、来期8回コースも開講します。テーマは『音色のパレットを増やす』。
8回通してお通いいただくコースです。

1回ずつお通いになりたい方は、宮地楽器小金井センターのヴァイオリン骨体操講座があります。

ヴァイオリン骨体操

『ヴァイオリン骨体操』とは、桐朋学園の身体メソッドをヴァイオリンに特化したものです。古武術である木刀・書道、小関勲氏発案のヒモトレなどからもヒントを得ています。 各地で開催している講座、公開レッスン、個人レッスンのご案内をまとめています。 ヴァイオリン骨体操の指導員・入門生へは、養成講座やブラッシュアップ講座も随時開催しています。 コンタクト:dggfisg@gmail.com

0コメント

  • 1000 / 1000