『構え・2』終了

宮地楽器小金井センター主催
『ヴァイオリン骨体操』年間8回のオープン講座は、昨日をもちまして全過程無事に終了しました。

今年もたくさんの方に受講いただき、ありがとうございました。

年間の締め括り相応しく、新しい課題を見つけた受講生もいらっしゃいました。

身体の使えるレベルによって、構えは微妙に変化(進化)するという内容で講座を組み立てました。
アンケートから。
『わかりやすく楽しかった。
体の使い方を考える(変える)ことで、演奏につながると思えました。』

来年も、よろしくお願いします。

講座内容レポートは、『ヴァイオリンの身体作り』ブログにございます。

ヴァイオリン骨体操

『ヴァイオリン骨体操』とは、桐朋学園の身体メソッドをヴァイオリンに特化したものです。古武術である木刀・書道、小関勲氏発案のヒモトレなどからもヒントを得ています。 各地で開催している講座、公開レッスン、個人レッスンのご案内をまとめています。 ヴァイオリン骨体操の指導員・入門生へは、養成講座やブラッシュアップ講座も随時開催しています。 コンタクト:dggfisg@gmail.com

0コメント

  • 1000 / 1000