弓の革巻き

弓の革巻きが古くなったのである工房に預けたことがありました。
とてもギリギリのスケジュールで、近所の工房にした私が悪いのですが。

『これと同じにしてください』とお願いしたのに、なんと、全く違うタイプの革巻きを張られてしまったのです。
え!!と言っても『うちはこれです』の一点張り。
何時間もクレームを述べる時間もなく、身体調整でなんとかしようと思い、そのまま引き取りましたが。

慣れたバランス、厚み、重さ、・・・返してよ!!と怒りが出てメンタルに悪いので、思い切って革巻きを外してしまいました。
メンディングテープを貼って革巻きの代用してるだなんて、ウケるでしょう?

でも、革巻きがないと弓が軽すぎますね。
バランスも悪いみたいです。
一生懸命、手の中の『癖』を取る体操をやりましたよ。

しかしいつまでもメンディングテープというわけにもいきません。やっと先日、友人である宮地楽器の工房の稲葉英介さんに直してもらいました。
やはり、持つべきものは奏者に寄り添える工房さん。
稲葉くんには以前、破壊してしまった木製の譜面台も綺麗に直してもらいました。

ああ!感謝感激です。

見えますか?超ワガママ完全カスタマイズ革巻き。
完全に私の手のサイズです。

『親指と中指は、木を持ちたい。人差し指は銀巻きに当てて、指先には革巻きがきてほしい。』

ヴァイオリン骨体操

『ヴァイオリン骨体操』とは、桐朋学園の身体メソッドをヴァイオリンに特化したものです。古武術である木刀・書道、小関勲氏発案のヒモトレなどからもヒントを得ています。 各地で開催している講座、公開レッスン、個人レッスンのご案内をまとめています。 ヴァイオリン骨体操の指導員・入門生へは、養成講座やブラッシュアップ講座も随時開催しています。 コンタクト:dggfisg@gmail.com

0コメント

  • 1000 / 1000