音楽家のための、武術と書道と精進料理

河口浅間神社にて、ヴァイオリン骨体操指導員を対象に、ウィリアム・リード先生による「音楽家のための、武術と書道と精進料理」合宿講座を開催しました。


武術は木刀と合気道(の、ほんの導入のもの)そして瞑想について。瞑想のために必要な『集中』。今回はメガネを用いて測定しました。(下記にリンク)


身体の使い方と呼吸と印、そして目の使い方で、集中力は確実に上がります。
私は今回、なぜ卓越した人物がみな瞑想を行うのか、わかる気がしました。
瞑想は、身体と精神を1番使いますね。体操するよりも激しく使います。
瞑想のときのようなフロー状態で、ヴァイオリンも練習と本番ができたらいいなと思いました。

書道については、島津斉彬と西郷隆盛の花押を臨書しました。これについては、現在発売中の雑誌『秘伝』にリード先生ご本人が連載しています。

ヴァイオリン骨体操

『ヴァイオリン骨体操』とは、桐朋学園の身体メソッドをヴァイオリンに特化したものです。古武術である木刀・書道、小関勲氏発案のヒモトレなどからもヒントを得ています。 各地で開催している講座、公開レッスン、個人レッスンのご案内をまとめています。 ヴァイオリン骨体操の指導員・入門生へは、養成講座やブラッシュアップ講座も随時開催しています。 コンタクト:dggfisg@gmail.com

0コメント

  • 1000 / 1000